トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  ・気になる犬事件  >  猟犬5匹が岩の隙間に閉じ込められている! すでに5日間も経過 熊本

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猟犬が岩の隙間に閉じ込められて6日目!続報「重機で岩を砕く削る」 熊本 | トップページへ戻る | 「介助犬が足りない!」  「ソフトバンクのお父さん犬に激似!ゴンちゃん 福岡」

犬索のトップに戻る

猟犬5匹が岩の隙間に閉じ込められている! すでに5日間も経過 熊本

2009年11月19日

熊本で猟犬5匹が岩の間に閉じ込められている事件
09/11/15日に熊本県の宇城(うき)市でおきた、犬5匹はすでに5日間も閉じ込められている。
犬は猟犬で猟が解禁になった15日におきた、犬には水や食事を与えているということだ。

犬は獲物を追っている最中に岩の間に入り、隙間に落ちてしまったという。
犬は次第に弱ってきているそうです。

消防は現場を見てから「二次被害の危険がある」として身動きとれず、現在は猟友会のメンバーが救出にあたっている。

はやく救出して欲しいです、消防!なにやっている!早く助けて~!お願い。
新たな情報が見つかり次第また紹介します。

追記
閉じ込められている犬の犬種はプロットハウンド(体長1メートルほど)。
19日には岩を削って広げようとしたが、消防が「岩が崩れる危険性がある」と指摘した為、大掛かりな作業が出来ないという。

追記
こちらで映像が見れます http://news.tbs.co.jp/20091119/newseye/tbs_newseye4287820.html TBSニュース(見れなくなりました、削除早いよ!)、声を聞くとかわいそう・・早く助けてあげて!お願い!!思ったより事態は深刻です、かなり深くせまい穴に落ちています、周りは岩です。


茨城県のブリーダーの男 虐待で訴えられた!
09/11/18、「NPO法人 ペット里親会」は、茨城県阿見町に住むブリーダーの男を動物愛護法違反で訴えた、茨城県の牛久署はこれを受理した。

訴えられた男性は数十頭の犬を飼育しているが、ごはんや水をきちんと与えていないという、さらに衛生状態も悪く皮膚病になる犬もいるがそれを放置しているそうです。

訴えられた男性は「冷暖房完備で管理している、一部には病気になる犬もいて処置が遅れることもある、一部だけを取り上げられるのは心外だ」と言っているそうです。

茨城県の生活衛生課も男性に対して改善指導しているので茨城の男性が虐待しているのは間違いないでしょう。
まったくこういう人は本当に許せない、実名写真つきで公開しても良いと思うのだが・・。

記事東京新聞


介助犬の歴史
介助犬は1970年代後半にアメリカで誕生した。
ボニーバーゲンという訓練士が生み出した、このボニーバーゲンという方は国際アシスタンスドッグ協会の初代会長や介助犬の訓練士を育てる学校の学長を務めた人で、介助犬に多大な貢献をしているようです、貢献どころかこの人がいなかったら介助犬は存在しないのか・・。

国際アシスタントドッグ協会のホームページ
アシスタントドッグスジャパン(国際アシスタントドッグ協会の傘下団体)

日本に初めて介助犬を連れて来た人は「千葉れい子」さん
障害を持つ彼女自身がアメリカに渡り、1992年に介助犬「ブルース(犬種:チェサピークベイレトリーバー)」を日本に連れてきて生活を始めた。
その後、1995年に国産の介助犬「グレーデル(犬種:ラブラドール・レトリバー)」が誕生した。
1999年には介助犬「シンシア」が国会に同伴が許可されるなどし、2002年に「身体障害者補助犬法」が成立するに至った。

日本で介助犬に大きく貢献したのは、この「千葉れい子」さんという方ですね、この方のホームページがあったので興味のある方はどうぞ♪

そしてひとつ新たな事件が見つかりました、この前のJRよりひどいかも。

08年に兵庫県でおきた事件です。
身体障害者向けの職員採用試験で兵庫県が「介助犬の同伴を拒否」したとのこと。
しかも理由が「犬嫌いの人がいるから」とか「犬アレルギー」がどうのこうのと言ったらしいです。
女性は介助犬無しで試験を受けた、酷すぎる。

その後兵庫県は女性に対して謝罪をしているとのことです。

これはひどいですね、明らかに法律違反です。
介助犬への理解が進んでいないというのは深刻なようです、私もついこの前まで「法律で義務付けられている」ってことを知らなかったので偉そうなことは言えませんが(汗)

参考サイト
補助犬の歴史と育成団体
ウィキペディア

愛犬の介護 情報が足りない・治療費が高い
皆さんは「愛犬を介護する」ということへの準備は出来ているでしょうか?
現在、愛犬の介護で悩む人が多いそうです、体調を崩す人もいれば、介護しきれず手放す人もいるそうです。

今は元気に暮らしていても突然その時はやってくるかもしれません。
介護経験者からは「情報が足りない、医療費が高い」などの問題点が指摘されているそうです。

神戸新聞に載っている愛犬を介護中の女性は「どんなに悪くなっても面倒をみる」と言っています。
しかし、この女性の家庭は介護の為、「外出も出来ない、食事にもいけない」とのことです。 

現在、10歳を超える超高齢の犬が増えていて、これからますます愛犬の介護で悩む人は増えるでしょう、その時のために保険や介護などについて知る必要があるのかもしれません。

と偉そうなことを言いながら私自身、今まで愛犬の介護について深く考えた事はありませんでした、これではいけないですよね、なのでこれから少しずつ知っていこうと思います、皆さんもどうですか?

犬の介護に関するサイトが多くあったので紹介☆
獣医の笑って楽しく老犬介護
老犬介護の知識
大型犬の介護

記事神戸新聞

これから犬を飼う人へ 散歩の時間はありますか?
散歩の時間が取れるか?を考えてから飼いましょう、というニュースです、特に大型犬は散歩をさせないとストレスがたまり、問題行動を起こすようになるそうです。

どうしても散歩に連れて行けない場合は、小型犬を飼うか、ペットシッターに散歩を依頼する、ドッグランで遊ばせるなどの対策をするべきだと書いてあります。

たしかにそうですよね、散歩も出来ないほど忙しい人は犬を飼うのは辞めた方がいいかもしれません、あと仕事に行っているときは犬が一人ぼっちになてしまうという人も飼うのは辞めたほうがいいような気がします。

記事asahi.com

嘱託警察犬の審査会 栃木
09/11/18、栃木県宇都宮市にある県警機動センターで嘱託警察犬の審査会が開かれた。
審査は「追跡」と「臭気識別」二種目。

そろそろ今年の審査会は時期的に終りなのかな?ここ最近ずっと「嘱託警察犬の審査会」のニュースを紹介していたけど、すこしづつ減ってきているような気がします。

記事東京新聞

猟犬が岩の隙間に閉じ込められて6日目!続報「重機で岩を砕く削る」 熊本 | トップページへ戻る | 「介助犬が足りない!」  「ソフトバンクのお父さん犬に激似!ゴンちゃん 福岡」

犬索のトップに戻る

お気軽にコメントしてね♪

熊本の閉じ込められた猟犬さん!!
なんという悲惨な状態…(>_<)
もうその状態から5日間も!???
ホント消防何やってる!??お願いだから早く救出してあげて!!!!
一刻も早く救出される事を
願います!!(>_<)

コメントの編集

ジュンさん、happyです☆

いつもコメントありがとうございます!本当に嬉しいです。
なっつ、びっつ、ななの記事が楽しみです、私は特になっつがお気に入りです!

20日も助けられなかったようです。
ワンちゃんたち助かるといいけど・・いや絶対助かる!

しかし熊本県は犬の事件が多い!不思議です、何かあるのだろうか??

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する
トラブルについて 読みにくい・使いにくい」などのご意見もお気軽に☆
コメントが「スパム判定」など、コメントできていないのでは?という状態になりますが、管理画面にて確認できているので、ご安心ください!ご迷惑をおかけします(汗)認証画面を非表示・禁止ワード設定の解除などの対策をしましたが、原因がよく分かりません。

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る



日章旗って目立ちますね、すごい。

カテゴリ別 記事一覧

最新コメント一覧♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。