トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  ・気になる犬事件  >  「引取り有料化の効果は?」 「バリ島で狂犬病が増加!」

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドギーバッグ 流行の兆し!」 「キツネが犬に??」  | トップページへ戻る | チワワの目玉は飛び出る?? チワワの目について

犬索のトップに戻る

「引取り有料化の効果は?」 「バリ島で狂犬病が増加!」

2009年12月29日

引取り有料化で処分数激減! 沖縄

場所 : 沖縄県
詳細

沖縄の動物愛護センターは今年の10月から犬猫の引取りが有料になった、それから引取り数が激減したそうです☆
しかし、野山への放置が増加する危険もあることから、詳しい調査が必要だそうです。

放置などが増加したら意味ないけど、引取り数が激減したのは良いことことですよね、でも減った分どこにいったのか本当に気になります。

引取りが有料になった県
09/10月時点で引取りが有料になった都道府県は、 なんと40!
さらに6県も今後有料化の予定があるそうです!

引取り有料化の効果
有料化を実施した都道府県で引取り数が減ったのは十六ヵ所、変化無しは五ヶ所だそうです!
劇的に減るとは言えないですが、効果はあるようです☆放置などが増加していないかはしっかり調べてほしいです。



沖縄タイムス


狂犬病拡大 バリ島

場所 : インドネシア バリ島
詳細

観光名所のバリ島で狂犬病の被害が拡大している、狂犬病は発病するとほぼ100%で死亡するので外国に行く方は気をつけたほうがいいですよね、日本と同じ感覚で触ったりすると噛まれて狂犬病になってしまいます。

インドネシア政府は、野犬を見つけたらその場で殺処分(吹き矢に毒を塗って処分)しているそうですが、これには批判が続出している、法律でワクチン接種をさせるようにもしている。

ワクチン接種をさせるようにして、処分はしないでもらいたいです!でも年間10万頭も処分している日本人が言える事じゃないですけど(汗)

日本の狂犬病
日本は処分しまくっているので、1956年以降一部例外を除いて発生していないそうです。

47ニュース

不幸な犬を減らすには?

記事 : 渡辺眞子
詳細

不幸な犬を減らすにはどうしたらいいのか?が書かれた記事があったので紹介☆

シッポの気持ち


「ドギーバッグ 流行の兆し!」 「キツネが犬に??」  | トップページへ戻る | チワワの目玉は飛び出る?? チワワの目について

犬索のトップに戻る

お気軽にコメントしてね♪

まったくだ

処分しまくっているに大笑い(笑)確かにそうよね!何だと思ってるんだろっておもうね!早紀さんのチコニちゃんのこともあるし、どんな子でも調教(愛情)で助かるんじゃないかなって思ってしまいます。

コメントの編集

有料化で殺処分数が減る効果があればとてもいい事ですよね~!!(*^。^*)
そうそう!ただ家電製品の処分引き取り有料化じゃないけど山に捨てるとかそんな事がなければいいな~!!!(>_<)

そうだよね~!!日本では狂犬病の発生は全然耳にしないけど、海外は危ないよね~!!
死亡率が100%とはッ!!怖いですね~!!(>_<)

コメントの編集

hiroさん、happyです☆

狂犬病はワクチンを接種すればまったく怖くないので、処分じゃなくワクチン接種で対応してほしいですよね~、処分はありえない!!

チコニはほんと賢いワンコですよね、あんなに空気の読めるワンコっているんですね☆

ジュンさん、happyです☆

有料化って効果あるらしいのでいいですよね!全国で導入するべきだと思います!
でも有料化で減った分がどこにいったのか?が重要ですよね・・。

海外では狂犬病って普通にあるので怖いです、海外に行くときは気をつけないと(汗)って今まで行ったこともないし行く予定もないですけど(笑)
狂犬病予防で犬を捕まえるのはいいけど処分はよくないですよね!

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する
トラブルについて 読みにくい・使いにくい」などのご意見もお気軽に☆
コメントが「スパム判定」など、コメントできていないのでは?という状態になりますが、管理画面にて確認できているので、ご安心ください!ご迷惑をおかけします(汗)認証画面を非表示・禁止ワード設定の解除などの対策をしましたが、原因がよく分かりません。

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る



日章旗って目立ちますね、すごい。

カテゴリ別 記事一覧

最新コメント一覧♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。